Menu 戻る
  • 政治

ラクトパミン入り米豚肉の輸入に反対 最大野党、国民投票求め署名/台湾

2020/09/12 16:17

(台北中央社)成長促進剤「ラクトパミン」を使用した米国産豚肉の輸入解禁に反対する最大野党・国民党は12日、その賛否を問う国民投票の実施を求めて署名運動を始めた。台湾各地で署名を集め、13日までの2日間で1万件突破を目指すという。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。
中央社の有料記事データベースをご利用ください。


※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます


Share on Facebook  Share on plurk  Share on twitter  Share by email  Share on LINE
Top