Menu 戻る
  • 政治

宜蘭県議、「頭城釣魚台保護弁公室」を設置 台湾の領有権と漁業権を守る

2020/06/23 16:44

(宜蘭中央社)沖縄県石垣市議会が釣魚台列島(日本名:尖閣諸島)の住所地の字名を「登野城尖閣」に変更する議案を可決したのを受け、宜蘭県議会の蔡文益議員(国民党)は23日、複数の県議と共に「頭城釣魚台保護弁公室」を立ち上げた。台湾の領有権と漁業権を今後さらに保障していくのが狙いだとしている。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。
中央社の有料記事データベースをご利用ください。


※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます


Share on Facebook  Share on plurk  Share on twitter  Share by email  Share on LINE
Top