Menu 戻る
  • 政治

台湾自主開発の新型練習機「勇鷹」が初飛行 蔡総統「歴史的瞬間」

2020/06/22 14:17

(台中中央社)台湾が自主開発した初の新型高等練習機「勇鷹」が22日午前、中部・台中市の清泉崗空港を離陸し、初飛行した。記念式典に出席した蔡英文総統はあいさつで、「きょうは中華民国空軍にとって重要な日であり、航空宇宙産業のマイルストーンでもある」と述べ、「31年近く前に国産戦闘機IDF(経国号)が初飛行して以来、再び歴史的瞬間が作られた」と喜びを示した。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。
中央社の有料記事データベースをご利用ください。


※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます


Share on Facebook  Share on plurk  Share on twitter  Share by email  Share on LINE
Top