Menu 戻る
  • 政治

台湾、外国人の滞在期限を再々延長 新型コロナで配慮

2020/05/18 15:11

(台北中央社)外交部(外務省)は18日、新型コロナウイルスの影響を考慮し、3月21日以前に査証免除(ノービザ)や到着ビザ、停留(短期滞在)ビザで台湾に入境した外国人の滞在期限を一律で30日延長すると発表した。申請は不要。ただし、入境翌日から数えて合計滞在日数が180日を超えてはならないとしている。滞在期限を自動的に延長するのは3月21日、4月17日に続いて3度目となる。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。
中央社の有料記事データベースをご利用ください。


※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます


Share on Facebook  Share on plurk  Share on twitter  Share by email  Share on LINE
Top