Menu 戻る
  • 政治

ハッキングで機密文書が流出 総統府「事実と異なる」注意呼び掛け/台湾

2020/05/16 18:42

(台北中央社)第15代総統・副総統就任式典を今月20日に控える台湾で、総統府がハッキングされ、機密文書が外部に流出していたことが発覚した。総統府は15日夜、すでに警察に通報したと発表するとともに、内容は事実と異なるとして、引用などをしないよう各界に注意を促した。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。
中央社の有料記事データベースをご利用ください。


※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます


Share on Facebook  Share on plurk  Share on twitter  Share by email  Share on LINE
Top