Menu 戻る
  • 政治

米国務省、WHOトップに反論 「台湾はオブザーバーとして招かれるべき」

2020/05/14 16:39

(ワシントン、ブリュッセル中央社)米国務省の報道官は13日、台湾の世界保健機関(WHO)総会参加問題を巡り、台湾を招く権限を持たないと主張するWHOのテドロス事務局長に対し、前任者が台湾を招請していたことを根拠に挙げて反論した。報道官は、台湾の新型コロナウイルスへの対応は称賛に値するものだとし、オブザーバーとしてWHO総会に招かれて当然だと強調した。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。
中央社の有料記事データベースをご利用ください。


※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます


Share on Facebook  Share on plurk  Share on twitter  Share by email  Share on LINE
Top