Menu 戻る
  • 経済

半導体や医療機器で交流へ 経済部チーム、米団体と覚書締結/台湾

2021/08/24 16:58
半導体や医療機器で交流へ 経済部チーム、米団体と覚書締結/台湾

半導体や医療機器で交流へ 経済部チーム、米団体と覚書締結/台湾

(台北中央社)経済部(経済省)は24日、同部の台米産業連携推進弁公室(TUSA)が米アリゾナ州フェニックス市の官民でつくる「フェニックス都市圏経済協議会」(GPEC)と連携強化に向けた覚書を締結したと明らかにした。双方は半導体や医療機器産業などで協力していくという。

覚書によれば、これらの産業で信頼できるプラットフォームを形成するほか、次世代の微細電子製品の開発・製造、業者のマッチング、関連産業間の相互訪問促進などで連携していくという。

同州には半導体大手の台湾積体電路製造(TSMC)が新工場建設を計画している。同部工業局の楊志清副局長は、覚書締結により同州との協力関係がさらに強化されたとし、共に未来の産業の勢力図を作っていけると信じていると語った。

(梁珮綺/編集:楊千慧)


Share on Facebook  Share on plurk  Share on twitter  Share by email  Share on LINE
Top