Menu 戻る
  • 経済

台湾と米国の貿易協議、5年ぶりに再開 今月末にオンラインで

2021/06/25 18:31
台湾と米国の貿易協議、5年ぶりに再開 今月末にオンラインで

台湾と米国の貿易協議、5年ぶりに再開 今月末にオンラインで

(台北中央社)米国の対台湾窓口機関、米国在台協会(AIT)は25日、貿易や投資などについて幅広く協議する米台間の枠組み「貿易投資枠組み協定」(TIFA)に基づく第11回協議をオンライン方式で今月30日に開催すると発表した。TIFA協議の開催は5年ぶり。

TIFAはAITと駐米国台北経済文化代表処(大使館に相当)が1994年に締結。1995年から2016年にかけて、台北とワシントンで交互に計10回開かれたが、ラクトパミン(飼料添加物)を使用した米国産豚肉をめぐる双方の立場が対立し、2017年以降は開催されていなかった。

(鍾佑貞/編集:塚越西穂)


Share on Facebook  Share on plurk  Share on twitter  Share by email  Share on LINE
Top