Menu 戻る
  • 経済

台湾・中華郵政、配達員の夏用制服をリニューアル 大学のチームがデザイン

2021/01/20 18:12
リニューアルされた中華郵政の配達員の夏用制服

リニューアルされた中華郵政の配達員の夏用制服

(台北中央社)中華郵政は19日、台北市内で記者会見を開き、郵便配達員が着用する夏用制服の新しいデザインをお披露目した。リニューアルは2015年以来6年ぶり。実践大学(台北市)ファッションデザイン学科のチームがデザインを担当し、生地には通気性の高い台湾製の高機能素材を使用した。天候の状況を見ながら、3月から4月の間に全面的に制服の入れ替えを行う予定だとしている。

新制服は長袖のポロシャツに長ズボン、ベストというスタイルを採用。色は中華郵政を象徴する緑色をメインカラーとし、彩度をやや抑えて明るく落ち着いた雰囲気を出した。

陳敬祥郵務処長によれば、従来は主にアウターウェアの形式で、色は深緑を使用していた。中華郵政は、素材、デザインともに画期的なものであり、時代に合わせて変化を続ける向上心を示すものだと説明した。

中華郵政によると、新デザインは内部の投票によって選ばれた。1着1600台湾元(約5900円)で、計2万600着を購入した。

(余暁涵/編集:名切千絵)


Share on Facebook  Share on plurk  Share on twitter  Share by email  Share on LINE
Top