Menu 戻る
  • 経済

鍋を足洗い桶に、SNSに写真流出 有名飲料店が釈明「使われた鍋は廃棄分」/台湾

2020/12/28 13:36
鍋を足洗い桶に、SNSに写真流出 有名飲料店が釈明「使われた鍋は廃棄分」=「靠北春水堂2.0」のフェイスブックページより

鍋を足洗い桶に、SNSに写真流出 有名飲料店が釈明「使われた鍋は廃棄分」=「靠北春水堂2.0」のフェイスブックページより

(台中中央社)有名タピオカミルクティー店「春水堂」の制服を着た人物が鍋に足を突っ込もうとしている姿を写した写真が交流サイト、フェイスブックに投稿され、批判が噴出している。同社は27日、使われた鍋について、廃棄を決めていたものだったと釈明した上で、従業員を規則違反で処分したことを明らかにした。

写真は23日、フェイスブックの「靠北春水堂2.0」に投稿された。本文には、「従業員が客に提供する料理を調理する鍋をクリスマスパーティーの足洗い道具にしている」といった内容が書かれた。この写真に対し、インターネット上では「気持ち悪い」「これから先、食べる勇気がある人はいるのか」といった声が上がっている。

春水堂はこの写真に対し、使われた鍋は当日焦げ付かせたために廃棄処分を決めていたものであり、従業員が退勤後に思い付きで勝手に使用したと釈明。鍋は当日中に捨て、閉店後には毎日清掃を行っていると説明した。一方、会社の食器類の無断使用は規則違反であり、内部で事実関係を確認した後で当該従業員を処分したと明らかにした上で、この出来事によって消費者に不快感を与えたことに対し、「非常に申し訳なく感じる」と謝罪した。

(趙麗妍/編集:名切千絵)


Share on Facebook  Share on plurk  Share on twitter  Share by email  Share on LINE
Top