Menu 戻る
  • 経済

コロナからの経済回復力、台湾は3項目で高評価=世界経済フォーラム

2020/12/17 19:31
コロナからの経済回復力、台湾は3項目で高評価=世界経済フォーラム

コロナからの経済回復力、台湾は3項目で高評価=世界経済フォーラム

(ブリュッセル中央社)スイスのシンクタンク、世界経済フォーラム(WEF)は16日、2020年の国際競争力報告書特別版を発表した。新型コロナウイルスで打撃を受けた経済を回復させるのに必要なポイントが5項目挙げられており、台湾はこのうちの「金融システム」、「医療体制」、「感染症対策の経験」3項目で高く評価された。

特別版は、毎年秋に発表される競争力ランキングが今年、コロナ禍で中止となったため、代わりとして発行されたもの。各国・地域における経済変革の準備状況などをまとめ、将来に向けた提言を盛り込んでいる。5項目のポイントとして挙げられたのは「デジタル化」「社会的セーフティーネットと金融システムの完備」「ガバナンスの良さ」「医療体制の充実」「感染症対策の経験」だった。

金融システムは、中小企業への融資がしやすく、企業の存続につながる点、医療体制は、より幅広い医療が提供できる点が経済回復に有利とされた。また、過去に重症急性呼吸器症候群(SARS)を経験した国・地域には、よりよい防疫マニュアルと技術が整っているという認識も示された。

国家発展委員会経済発展処の呉明蕙(ごめいけい)処長は特別版の内容について、台湾はコロナ対策や経済回復、経済変革のいずれも先頭を走っており、見直しや努力も続けていると述べ、来年のランキングでは従来より順位を上げられる可能性があるとの見方を示した。

台湾は2019年のランキングで、世界141カ国・地域のうち12位、アジア太平洋地域でシンガポール、香港、日本に続いて4位だった。

(唐佩君/編集:塚越西穂)


Share on Facebook  Share on plurk  Share on twitter  Share by email  Share on LINE
Top