Menu 戻る
  • 経済

マイクロソフト、台湾に過去最大の投資 1兆円超の経済効果創出へ

2020/10/26 19:14
マイクロソフトの台湾投資発表イベントに出席した蔡英文総統(左3)

マイクロソフトの台湾投資発表イベントに出席した蔡英文総統(左3)

(台北中央社)米マイクロソフトは26日、データセンターを台湾に設置すると発表した。「デジタル台湾4大新計画」として追加投資する。規模は台湾進出以来31年で最大となるという。3000億台湾元(約1兆983億円)を超える経済波及効果と3万人以上の就業機会がもたらされる見込み。

4大新計画には、クラウドサービス「Azure」のデータセンター設置のほか、Azureハードウェアシステムのチーム設置▽産業生態系づくり▽国際情報セキュリティー資源の投入―が内容に含まれている。台湾をアジアのデジタル転換の中枢とすることを目指す。台湾に設置するAzureリージョンは世界66カ所目となる。

台北市内で記者会見が開かれ、蔡英文総統や台湾マイクロソフトの孫基康総経理(社長)らが出席した。

蔡総統は、同社の追加投資は台湾と米国、世界の有益な連携を深化させることができると言及。同社は台湾にとって最良の協力パートナーであり、共に世界で戦う最高の相棒だと述べた。

同社は2016年にアジア初のIoT(モノのインターネット)イノベーションセンターを台湾に開設。2018年には人工知能(AI)の研究開発センターを台湾に設置した。

(呉家豪/編集:名切千絵)


Share on Facebook  Share on plurk  Share on twitter  Share by email  Share on LINE
Top