Menu 戻る
  • 経済

台北の名画座が休館 新型コロナ影響 台湾の映画館で初

2020/04/24 19:11

(台北中央社)台北市の名画座「朝代大戯院」は新型コロナウイルスの感染拡大で、5月4日から休館する。期間は3カ月間としつつも、感染の状況によって調整するとしている。新型コロナの影響で映画館が休館するのは、台湾では初めて。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。
中央社の有料記事データベースをご利用ください。


※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます


Share on Facebook  Share on plurk  Share on twitter  Share by email  Share on LINE
Top