Menu 戻る
  • 両岸

台湾、来月15日に防空演習 携帯電話に警戒アラート試験送信

2021/08/31 17:11
台湾、来月15日に防空演習 携帯電話に警戒アラート試験送信

台湾、来月15日に防空演習 携帯電話に警戒アラート試験送信

(台北中央社)防空演習「万安44号演習」が9月15日、台湾全土で実施される。国防部(国防省)が31日、発表した。空襲警報のサイレンが鳴り、ミサイル警戒アラートが携帯電話に試験送信される。新型コロナウイルスの影響を踏まえ、一般道を走行する車両のエンジン停止や通行人の屋内退避などは昨年に続き行われない。

実施時刻は午後1時30分から同2時まで。同部によると、敵に対する警戒意識の向上と防空情報発表手順の習熟、防空施設の着実な整備、空襲による人的損害の低減、人民の生命と財産の安全確保を目的に実施するという。

同部の担当者は、空襲警報と警戒アラートシステムを利用し、対応時間の確保と警報カバー率の増加、警報の有効性向上を狙うとしている。

同部は市民に対し、驚かずに普段どおりに行動するよう呼び掛けている。

(陳俊華/編集:齊藤啓介)


Share on Facebook  Share on plurk  Share on twitter  Share by email  Share on LINE
Top