Menu 戻る
  • 両岸

香港に続きマカオも 在台湾窓口機関を一時停止へ 大陸委「非常に遺憾」

2021/06/16 17:51
在台湾マカオ経済文化弁事処=同処の公式ウェブサイトから

在台湾マカオ経済文化弁事処=同処の公式ウェブサイトから

(台北、香港中央社)マカオ政府は16日、台湾に置く窓口機関「在台湾マカオ経済文化弁事処」の業務を19 日から一時停止すると発表した。理由は説明していない。台湾で対中政策を担当する大陸委員会は、マカオ政府による一方的な決定だとし、非常に遺憾だとの立場を示した。

香港が台湾に置く窓口機関の業務も先月18日、一時停止となった。マカオ大の余永逸・副教授(准教授)は中央社の取材に対し、一連の動きの背景に中国の存在があると指摘。マカオ政府は香港政府の後に続く形で、中国の考えに従ったとの見方を示し、最終的には台湾が香港とマカオに置く窓口機関を自主的に閉鎖するよう仕向けるのが狙いだと分析した。

台湾がマカオに置くマカオ弁事処について同委は、運営を続ける方針を示している。

(賴言曦、張謙/編集:楊千慧)


Share on Facebook  Share on plurk  Share on twitter  Share by email  Share on LINE
Top