Menu 戻る
  • 両岸

中国軍の大型空中給油機開発「注意に値する」=シンクタンク/台湾

2021/05/02 18:20
中国のY20輸送機

中国のY20輸送機

(台北中央社)国防部(国防省)が設立したシンクタンク、国防安全研究院の研究員は、中国軍の大型空中給油機の開発について「注意に値する」との見解を示している。給油機によって戦闘機の航続距離や戦闘行動半径が延びると言及し、中国軍は大型輸送機Y20を改造した空中給油機の開発を急いでいると指摘した。

同院の歐錫富研究員は先月末、中国の給油機部隊をテーマにした文章を公開。Y20が給油機に改造された場合、積載可能な燃料は60トンを超えるとみられ、中国軍の主力空中給油機H6Uの3倍に相当すると分析。Y20改造型が就役すれば、戦闘行動能力が大幅に向上するとの見方を示した。

また、中国軍はロシア製の空中給油機Il-78も保有しているが、機体数は少ないと指摘。Y20の改造によりこの点も克服されるとし、今後の発展を注視すべきだとした。

(游凱翔/編集:楊千慧)


Share on Facebook  Share on plurk  Share on twitter  Share by email  Share on LINE
Top