Menu 戻る
  • 両岸

中国軍機20機が台湾のADIZに進入 総統府「地域の平和に役立たない」

2021/03/27 15:40

(台北中央社)台湾と米国が覚書を結んだ途端、中国人民解放軍の軍用機延べ20機が台湾南西の防空識別圏(ADIZ)に進入した。これを受け、総統府の張惇涵(ちょうじゅんかん)報道官は27日、「地域の平和と両岸(台湾と中国)関係の発展に役立たない」との認識を示した。蘇貞昌(そていしょう)行政院長(首相)も同日、同件に言及。覚書締結は「地域の平和のため」と強調し、より多くの力を人民のために割くべきだと中国に呼び掛けた。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。
中央社の有料記事データベースをご利用ください。


※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます


Share on Facebook  Share on plurk  Share on twitter  Share by email  Share on LINE
Top