Menu 戻る
  • 両岸

中国、台湾産パイン輸入停止 害虫理由に 農業委反発「対策強化済み」

2021/02/26 18:31
農業委員会の陳吉仲主任委員

農業委員会の陳吉仲主任委員

(台北中央社)行政院(内閣)農業委員会の陳吉仲(ちんきちちゅう)主任委員(閣僚)は26日、中国が台湾産パイナップルの輸入を来月1日から一時停止すると通知してきたと発表した。害虫のカイガラムシが検出されたためだと中国側は説明しているという。陳氏は中国からカイガラムシの検出について連絡があったのは昨年春ごろで、対策を強化して以降は不合格通知を受け取っていないと説明。「中国の決定は国際貿易のルールに全く合致しない」として反発した。

農業委によると、中国の税関総署から輸入停止の通知があったのは25日夜。これを受け、農業委は26日午後に記者会見を開き、対応について説明した。

陳氏は中国がカイガラムシを理由に輸入を停止したことに関し、輸入検疫時にカイガラムシが発見された場合は燻蒸(くんじょう)の殺虫処理を施せば問題はなく、日本向けの輸出でも同様の対応がとられていると説明。また、中国にも2種類以上のカイガラムシが存在すると指摘した。

農業委によれば、中国がカイガラムシの検出を台湾に通知したのは昨年3月から5月にかけて。台湾は同10月、輸出申請の際にパッケージ場の資料表の提出を義務付けたほか、農家への指導や輸出前の検疫を強化するなどして対応した。その後、これまでに656ロット、計5121トンを中国に輸出しており、合格率は100%だったという。

台湾では年平均約42万トンのパイナップルを生産。昨年は4万5621トンを輸出した。輸出先の国・地域別では中国が97%を占め、次いで日本が2%、香港が1 %となっている。2019年の輸出量は過去最高の5万1476トンを記録していたが、昨年は新型コロナウイルスの影響でやや落ち込んだ。

農業委は生産者の出荷価格を維持するため、10億台湾元(約38億円)をかけて内外の販売を強化するとしている。台湾の消費者に対し、パイナップルの購入を呼び掛けた。

▽総統府「台湾の人々の支持は得られない」 中国を非難

総統府の張惇涵(ちょうじゅんかん)報道官は26 日、中国のパイナップル輸入停止措置について、非善意的行為であり、台湾の人々の支持は得られないと非難した。

(楊淑閔、王心妤/編集:名切千絵)


Share on Facebook  Share on plurk  Share on twitter  Share by email  Share on LINE
Top