Menu 戻る
  • 両岸

野党・国民党の訪中巡り物議 総統府「台湾人として尊厳を」

2020/09/13 16:22

(桃園空港中央社)最大野党・国民党の王金平(おうきんぺい)元立法院長(国会議長)の訪中について、中国の国営メディアが「和議を申し入れに来る」と伝えたことが議論を引き起こしている。総統府の張惇涵報道官は13日、国民党に訪中について慎重に考えるべきだと呼び掛け、台湾人の尊厳と国としての格を守ることが最重要だとの見方を示した。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。
中央社の有料記事データベースをご利用ください。


※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます


Share on Facebook  Share on plurk  Share on twitter  Share by email  Share on LINE
Top