Menu 戻る
  • 両岸

橋頭地検、中国人船長ら起訴 台湾海峡で海砂の違法採取

2020/07/11 15:00

(高雄中央社)離島・澎湖の周辺海域で海砂を違法採取したとして、台湾橋頭地方検察署(地検)が10日、中国の海砂採取船「海航5679」(7539トン)の乗組員10人を中華民国排他的経済水域および大陸棚法違反の疑いで起訴した。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。
中央社の有料記事データベースをご利用ください。


※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます


Share on Facebook  Share on plurk  Share on twitter  Share by email  Share on LINE
Top