Menu 戻る
  • 両岸

中国共産党、4中全会で「一国二制度」の完成の方針示す 台湾「固く拒否」

2019/11/01 13:40

(台北中央社)中国共産党は北京で10月31日まで開かれた第19期中央委員会第4回全体会議(4中全会)の閉会後に発表したコミュニケで、「一国二制度」を堅持し、完全なものにすることで平和的統一を推進する方針を示した。台湾の対中政策を担当する大陸委員会は同日、声明を発表し、「台湾の人々が『一国二制度』を固く拒否するサインは明確だ」として反発した。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。
中央社の有料記事データベースをご利用ください。


※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます


Share on Facebook  Share on plurk  Share on twitter  Share by email  Share on LINE
Top