Menu 戻る
  • 芸能スポーツ

台湾の40歳、韓国選手に惜敗も自身初の銀=卓球アジア選手権

2021/10/06 19:13
今夏の東京五輪で5大会連続の五輪出場を果たした荘智淵選手

今夏の東京五輪で5大会連続の五輪出場を果たした荘智淵選手

(台北中央社)卓球のアジア選手権は5日、カタール・ドーハで男子シングルス決勝が行われ、台湾の荘智淵(40)が韓国のイ・サンス(31)に2-3で敗れた。金メダルは惜しくも逃したものの、銀メダルを初めて獲得し、自己最高を更新した。台湾勢が同種目で銀メダル以上を取ったのは、2000年蒋澎龍(金)以来、21年10大会ぶり。

2人は1日に行われた男子団体決勝でも対戦した。当時3-1で勝利した荘だが、この日は相手にリベンジを食らった。

今大会は5日に閉幕。台湾は銀メダル2個(男子団体・シングルス)、銅メダル1個(女子ダブルス)を獲得し、前回2019年大会(銅2個)を上回る成績を収めた。

(龍柏安/編集:羅友辰)


Share on Facebook  Share on plurk  Share on twitter  Share by email  Share on LINE
Top