Menu 戻る
  • 芸能スポーツ

台湾、韓国に惜敗の銀 卓球アジア選手権

2021/10/02 16:58
荘智淵選手。第2試合を3対1で奪取=資料写真

荘智淵選手。第2試合を3対1で奪取=資料写真

(台北中央社)卓球のアジア選手権は1日、カタール・ドーハで男子団体決勝が行われ、18年ぶりに駒を進めた台湾は1対3で韓国に破れ、積年の願いだった金メダルを逃した。

第1試合で1対3と韓国に先制された台湾は、第2試合を3対1で奪取し同点になるも、第3試合以降は得点を伸ばせず、惜敗した。

台湾が同種目で銀メダルを獲得したのは2000年、2003年に続いて3回目。これまで13大会連続でベスト4入りを果たしている。

(龍柏安/編集:荘麗玲)


Share on Facebook  Share on plurk  Share on twitter  Share by email  Share on LINE
Top