Menu 戻る
  • 芸能スポーツ

「兄弟エレファンツ」創設時から所属、監督も 王光輝さん死去/台湾

2021/08/31 19:46
王光輝さん。兄弟エレファンツと味全ドラゴンズのOB戦で=2015年12月5日、台北市の天母野球場

王光輝さん。兄弟エレファンツと味全ドラゴンズのOB戦で=2015年12月5日、台北市の天母野球場

(台北中央社)台湾プロ野球、兄弟エレファンツ(兄弟象、現中信兄弟)創設時から所属し、監督も務めた王光輝さんが30日、死去した。56歳。肝臓がんで闘病していた。

兄弟エレファンツは90年のリーグ発足時から加盟する老舗球団。王さんはこれ以前から前身の社会人球団「兄弟大飯店棒球隊」に在籍した。リーグ初年度の首位打者に輝いたほか、ベストナインを6回獲得するなど強打者として活躍。04年に現役を退いてからは、監督のほか、打撃コーチ、2軍監督なども務めた。

野球好きで知られる頼清徳(らいせいとく)副総統はこの日、フェイスブックを更新。王さんについて「ベテラン野球ファンにとっては、兄弟エレファンツ不動の4番。若手にとっては、逆境を勇敢に突き進む監督だった」とつづり、別れを惜しんだ。

中信兄弟は31日、本拠地台中インターコンチネンタル野球場(洲際棒球場)で、味全ドラゴンズとの試合前に追悼の儀式を執り行った。

(謝静雯、葉素萍/編集:楊千慧)


Share on Facebook  Share on plurk  Share on twitter  Share by email  Share on LINE
Top