Menu 戻る
  • 芸能スポーツ

楽天モンキーズ・陳冠宇初登板 先発6回途中2失点も勝ち負けつかず/台湾

2021/08/25 14:00
24日の統一ライオンズ戦で台湾プロ野球初登板を果たした陳冠宇投手

24日の統一ライオンズ戦で台湾プロ野球初登板を果たした陳冠宇投手

(桃園中央社)台湾プロ野球、楽天モンキーズの陳冠宇(チェン・グァンユウ)投手(30)が24日の統一ライオンズ戦に先発で入団後初登板した。6回途中5安打2失点で降板し、勝ち負けはつかなかった。試合は12-4で楽天が制した。

緊張しないようにと自身に言い聞かせていたものの、「1球1球慎重になってしまった。投げているうちに、球速と体力が少し落ちてしまった」。陳に続いて登板したのは、同じく元横浜ベイスターズ(現DeNA)の王溢正(ワン・イージェン、35)。王を予定より早く登板させることになってしまったとし、申し訳なかったと話した。

王が3点本塁打を浴び、楽天はリードを失ったが、6回裏に打線がつながり逆転。8回裏には5点を奪い、勝利した。

この日の試合では、陳の初登板を記念し、陳の姿がプリントされたボールが使われた。「驚いた」と笑顔を見せ、記念に1~2個取っておくと語った。

(楊啓芳、張新偉/編集:楊千慧)


Share on Facebook  Share on plurk  Share on twitter  Share by email  Share on LINE
Top