Menu 戻る
  • 芸能スポーツ

蔡総統、パラ代表団に団旗授与 「台湾を世界に見てもらおう」

2021/08/21 19:13
パラ代表選手に団旗を授与する蔡総統(左)=総統府提供

パラ代表選手に団旗を授与する蔡総統(左)=総統府提供

(台北中央社)東京パラリンピックに出場する台湾代表団への団旗授与式が21日、台北市内で行われた。出席した蔡英文(さいえいぶん)総統は、最高のパフォーマンスで世界を鼓舞し「台湾を世界に見てもらおう」と期待を寄せた。

蔡総統は、障害を克服し自分の限界を突破することこそパラリンピックの精神だと強調。選手一人一人の命の物語や辛い訓練のプロセスは敬服に値するものだとし、会場で力を存分に発揮してほしいと願った。また、国民に対して、選手たちに最大のエールを送るよう呼び掛けた。

東京パラリンピックは24日に開幕する予定。台湾からは選手10人が卓球、競泳、柔道、陸上、パワーリフティング、バドミントンの6競技に出場する。

代表団は22日、東京に向けて出発する。

(温貴香/編集:荘麗玲)


Share on Facebook  Share on plurk  Share on twitter  Share by email  Share on LINE
Top