Menu 戻る
  • 芸能スポーツ

金馬映画祭のメインビジュアル公開 映画のショットに着想/台湾

2021/07/22 11:35
台北金馬映画祭のメインビジュアル=同映画祭のフェイスブックから

台北金馬映画祭のメインビジュアル=同映画祭のフェイスブックから

(台北中央社)台北金馬映画祭実行委員会は20日、11 月に開かれる台北金馬映画祭のメインビジュアルポスターを公開した。映画のショットに着想を得て、「改めてピントを合わせ、世界との距離を調節する」をテーマに躍動感あるデザインに仕上げた。同映画祭は11 月11日から28日まで開かれ、映画賞「第58回ゴールデンホースアワード」(金馬奨)の授賞式は同27日に開催される。

単一ショットと連続ショットが移動する軌跡によって、「金馬」の2文字のほか、馬をデザインしたトロフィー、「58」の数字を表現。ベースの色には白のほか、高彩度の青と黄色を採用。優雅でエネルギッシュな雰囲気を演出した。

ビジュアルディレクターを務めたのは、台北のモーションデザインスタジオ「Bito」の創始者でクリエイティブディレクターの劉耕名さん。劉さんは、新型コロナウイルス下において人々は人類の運命を描いた映画の中にいるようだとし、「コロナによって、われわれは世界とのピントを改めて合わせ直すことを余儀なくされたが、映画制作者と全ての人々は改めて見つめる機会を手にし、心の焦点距離を調節した」とデザインの背景を説明した。

メインビジュアルの動画も同映画祭のユーチューブやフェイスブックなどで公開されている。

(王心妤/編集:名切千絵)


Share on Facebook  Share on plurk  Share on twitter  Share by email  Share on LINE
Top