Menu 戻る
  • 芸能スポーツ

台湾選手団、東京に向けて出発 オードリー・タン氏らがお見送り

2021/07/19 14:12
台湾選手団を見送る蘇貞昌行政院長(右3)や唐鳳・行政院政務委員(蘇氏の後ろ)ら

台湾選手団を見送る蘇貞昌行政院長(右3)や唐鳳・行政院政務委員(蘇氏の後ろ)ら

(台北中央社)東京五輪が23日に開幕するのを前に、台湾選手団の出発セレモニーが19日午前、台北松山空港で開かれた。蘇貞昌(そていしょう)行政院長(首相)や、日本側の新型コロナウイルス対策への協力を理由に訪日を取りやめた唐鳳(オードリー・タン)行政院政務委員(無任所大臣に相当)らが駆け付け、東京に出発する選手団を見送った。

教育部(教育省)体育署によれば、選手団は総勢179人。このうち134人がこの日のチャーター機で東京に向かう。選手団が搭乗するチャイナエアライン(中華航空)220便は台湾時間午後1時に松山空港を出発し、日本時間午後5時10分に羽田空港に到着する予定。

同航空によれば、機内では勝利を願い、高タンパク、低脂肪な「チキンカツ丼」が主菜として提供される。

東京五輪では18競技に68人が台湾代表として出場する。

(黄巧雯、汪淑芬/編集:名切千絵)


Share on Facebook  Share on plurk  Share on twitter  Share by email  Share on LINE
Top