Menu 戻る
  • 芸能スポーツ

台湾のウェイリン・スー、米ピュアシルク選手権優勝 7年越し悲願

2021/05/25 17:53
米女子ゴルフツアー初優勝を果たすウェイリン・スー=twitter.com/LPGAMediaから

米女子ゴルフツアー初優勝を果たすウェイリン・スー=twitter.com/LPGAMediaから

(台北中央社)米女子ゴルフのピュアシルク選手権は23日、バージニア州で最終日が行われ、首位タイから出た台湾のウェイリン・スー(徐薇淩)が68をマークし、通算13アンダーで初優勝を手にした。

2015年に全米女子プロゴルフ協会の出場資格を手に入れて以来、7年越しの悲願を果たした。試合後、喜びの涙を流したスー。台湾で新型コロナウイルスの感染が拡大していることを受け、自身の優勝が台湾にプラス思考とパワーをもたらすことができればと語った。

日本の渋野日向子は31位だった。

(黄巧雯/編集:楊千慧)


Share on Facebook  Share on plurk  Share on twitter  Share by email  Share on LINE
Top