Menu 戻る
  • 芸能スポーツ

台湾プロ野球、今週の11試合を延期 コロナ国内感染拡大受け

2021/05/18 17:28
13日に無観客で行われた楽天対富邦戦=桃園国際野球場

13日に無観客で行われた楽天対富邦戦=桃園国際野球場

(台北中央社)北部・台北市と新北市の新型コロナウイルス警戒レベルが「第3級」に引き上げられたのを受け、台湾プロ野球は、今週の計11試合が延期となった。来週は、新北市で行われる2試合を、他県市の球場に移して開催する。

2都市で警戒レベルが引き上げられるのは15~28日。すでに15、16両日の天母野球場(台北市)での2試合の延期を発表していた中華職業棒球大聯盟(CPBL )は17日、5球団のゼネラルマネジャー(GM)を集めたオンライン会議を開き、今後の対策を協議していた。

CPBLの楊清瓏秘書長によると、延期されるのは18 ~23日に予定されていた全ての試合。新荘野球場(新北市)では警戒期間内の25、26両日に試合が組まれているため、この2試合は他球場での実施となる。日時や場所などの詳細は後日改めて公表するとしている。

(謝静雯/編集:塚越西穂)


Share on Facebook  Share on plurk  Share on twitter  Share by email  Share on LINE
Top