Menu 戻る
  • 芸能スポーツ

謝淑薇GS8強入り、女子単で台湾初 大坂なおみと対戦へ 全豪OP

2021/02/14 16:46
全豪オープンの公式ツイッターより。準々決勝で戦う台湾の謝淑薇(右)と大坂なおみ

全豪オープンの公式ツイッターより。準々決勝で戦う台湾の謝淑薇(右)と大坂なおみ

(台北中央社)オーストラリア・メルボルンで行われているテニスの全豪オープンで、女子シングルスの4回戦が14日行われ、台湾の謝淑薇(35)が第19シードのマルケタ・ボンドロウソバ(チェコ)をストレートで下し、8強入りを果たした。四大大会(グランドスラム)での女子シングルスの8強入りは台湾人選手として初めて。

準々決勝では第3シードの大坂なおみと戦う。4回戦を終えた大坂は謝について「戦うのが楽しみな相手ではない。彼女はしぶとく、対戦のたびにフルセットにもつれこむ印象」とコメント。「怒っていないときに彼女と戦うのは楽しい」とも語った。

(編集:楊千慧)


Share on Facebook  Share on plurk  Share on twitter  Share by email  Share on LINE
Top