Menu 戻る
  • 芸能スポーツ

2049年の世界を描いた台湾ドラマ、3年で3シリーズ制作へ 人気俳優出演

2021/02/09 17:59
「完美預測」でカップルを演じるリン・ボーホン(中央)とシャオ・ユーウェイ(右)=瀚草影視提供

「完美預測」でカップルを演じるリン・ボーホン(中央)とシャオ・ユーウェイ(右)=瀚草影視提供

(台北中央社)ネットフリックス(Netflix)オリジナルの台湾ドラマ「次の被害者」(誰是被害者)を手掛けた映像制作会社グリーナー・グラス・プロダクション(瀚草影視)は新作として、2049年の世界を舞台にしたドラマ「2049」を制作する。3年以内に3シリーズを制作する計画で、第1シリーズは6月に放送・配信を予定している。第1シリーズには、シャオ・ユーウェイ(邵雨薇)やリン・ボーホン(林柏宏)らが出演する。

第1シリーズは3つの短編ドラマで構成され、台湾を出発点とした女性の問題を描く。ユーウェイとボーホンはそのうちの一作「完美預測」(仮訳:完璧な予測)で新米の父母を演じる。「生まれた子供が将来殺人犯になる」とビッグデータで予測されてーという物語が展開される。

このほか、読心術の機械を使って夫婦間の問題を解決しようとする「幸福話術」ではハンク・チェン(陳漢典)とリー・イージェー(李亦捷)が主演する。

3つの物語で母親、娘、妻の3つの役割の女性を描き、未来の生活への想像をかき立てるとともに、華人社会における女性の価値について再考を促したいとしている。

動画配信サービス「マイビデオ」(myVideo)や東森テレビと共同で制作する。

(葉冠吟/編集:名切千絵)


Share on Facebook  Share on plurk  Share on twitter  Share by email  Share on LINE
Top