Menu 戻る
  • 芸能スポーツ

消防士を題材にした台湾ドラマ、ティザー予告公開 「消防の日」に合わせ

2021/01/20 11:54
台湾ドラマ「火神的眼涙」の場面写真=公共テレビ提供

台湾ドラマ「火神的眼涙」の場面写真=公共テレビ提供

(台北中央社)消防士の奮闘を描く台湾ドラマ「火神的眼涙」のティザー予告編が、消防の日(消防節)の19日公開された。主演はウェン・シェンハオ(温昇豪)、アニー・チェン(陳庭妮)、リン・ボーホン(林柏宏)、リウ・グアンティン(劉冠廷)。4人はそれぞれ、同じ消防署に勤務する消防士を演じる。予告映像からは、消防隊員らの和気あいあいとした雰囲気を感じ取ることができる。

舞台となるのは架空の大員市消防局同安分隊。隊員が危険な消火や救助、救援任務に当たる度にさまざまな人間性と社会の姿を目にし、その任務の中で消防隊員の知られざるつらい物語が明らかになるーという物語が展開される。

正義感にあふれ、血の気の多い消防士を演じるグアンティンは「撮影時、隊員たちとのやり取りの雰囲気は大学や兵役時の仲間といる時のようだった。プライベートでわいわいしている時の雰囲気を作品中に持ち込んで演じてみるのは癖になった」と話した。

同作は公共テレビと通信大手、台湾大哥大の動画配信サービス「マイビデオ」(myVideo)が共同で製作。5月に放送開始される。

(葉冠吟/編集:名切千絵)


Share on Facebook  Share on plurk  Share on twitter  Share by email  Share on LINE
Top