Menu 戻る
  • 芸能スポーツ

アジア太平洋のデジタルスター100、台湾からメイデイら4組選出=米誌

2020/12/11 16:35
台湾の人気バンド「メイデイ」(五月天)=相信音楽提供

台湾の人気バンド「メイデイ」(五月天)=相信音楽提供

(台北中央社)米経済誌フォーブスが7日発表した「アジアのデジタルスター100」リストで、台湾から人気バンド「メイデイ」(五月天)、歌手のジェイ・チョウ(周杰倫)、ジョリン・ツァイ(蔡依林)、俳優のエディ・ポン(彭于晏)の4組が選ばれた。

リストは同誌初の試み。同誌の説明文によれば、新型コロナウイルスの影響で外出が制限され、多くの人がコミュニケーションやエンターテインメントを画面越しに頼る中、SNS(交流サイト)を通じてファンとつながり、地位と人気を維持したアジア太平洋地域の有名人にスポットを当てたという。歌手やバンドのほか、映画、テレビで活躍するスターを対象にした。SNSのフォロワー数や最近の仕事、知名度などを考慮し、100組を選出した。

日本からはお笑い芸人の渡辺直美やアイドルグループの嵐、歌手の米津玄師などが選ばれた。

(王心妤/編集:名切千絵)


Share on Facebook  Share on plurk  Share on twitter  Share by email  Share on LINE
Top