Menu 戻る
  • 芸能スポーツ

台湾プロ野球、ボールが飛び過ぎ? 今季前期は1試合当たり2.7本塁打

2020/07/25 17:15

(台北中央社)台湾プロ野球でボールが飛び過ぎるのが問題視され、中華職業棒球大連盟(CPBL)は23日、今季後期の統一試合球の反発係数について、同前期よりやや低い0.563を目標値とする方針を発表した。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。
中央社の有料記事データベースをご利用ください。


※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます


Share on Facebook  Share on plurk  Share on twitter  Share by email  Share on LINE
Top