Menu 戻る
  • 芸能スポーツ

桃園・大渓の民間信仰描いた漫画をドラマ化 来月撮影開始へ/台湾

2020/07/24 16:55

(台北中央社)北部・桃園市大渓の民間信仰を題材にした台湾漫画「神之郷」がドラマ化されることになった。8月初旬にクランクインし、作品の95%以上が大渓で撮影される予定。製作側は、その土地に対する廟関係者の努力を表現し、漫画で描かれる「人と神の約束」と呼応させたいと意気込みを示している。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。
中央社の有料記事データベースをご利用ください。


※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます


Share on Facebook  Share on plurk  Share on twitter  Share by email  Share on LINE
Top