Menu 戻る
  • コラム

2019年の台湾をニュースで振り返る(1)中央社が選ぶ5大ニュース

2019/12/26 05:35

中央通訊社は2019年の台湾10大ニュースを選出しました。今年11月25日までの出来事を対象としています。

フォーカス台湾では、上位5位までをご紹介します。 

<1位>

同性婚特別法施行、アジアで初めて同性婚合法化

立法院(国会)で5月17日、同性婚特別法が可決され、台湾はアジアで初めて同性婚を法制化した国となりました。同法は5月24日に施行され、多くの同性カップルが婚姻届を提出しました。台湾では2017年5月、台湾の最高司法機関、司法院大法官会議が「現行の法令が同性婚を保障していないのは違憲」だとする判断を下し、公布後2年以内の法改正を求めていました。

関連:アジア初 同性婚の未保障は「違憲」 法改正を要求=大法官会議

関連:台湾、同性婚を法制化 アジア初

関連:同性婚特別法施行 同性カップル、笑顔で婚姻届提出

同性婚の婚姻届受付が開始された5月24日、LGBT(性的少数者)の社会運動を象徴するレインボーフラッグの上を歩く同性カップル(中央社資料写真)

同性婚の婚姻届受付が開始された5月24日、LGBT(性的少数者)の社会運動を象徴するレインボーフラッグの上を歩く同性カップル(中央社資料写真)



<2位>

1週間で2カ国と断交 ソロモン諸島とキリバス

中華民国は9月16日にソロモン諸島と断交した後、4日後の20日には太平洋のキリバスとの外交関係断絶を発表しました。1週間足らずで2カ国を失い、外交関係を結ぶ国は15カ国となりました。

関連:台湾、ソロモンと断交 国交国16カ国に 呉外相「極めて遺憾」

関連:台湾、キリバスと断交 今週2カ国目

 関連:中国が台湾との断交求め買収か ソロモン地方政府トップが証言=豪テレビ報道

 

<3位>

南方澳漁港で橋崩落 外国人労働者6人が死亡

北東部・宜蘭の南方澳漁港で10月1日、橋が崩落する事故が発生し、外国籍の労働者6人が死亡、10人以上が負傷しました。

関連:宜蘭の漁港で橋崩落 少なくとも9人が海に転落

関連:港の橋崩落、死者6人に 港湾運営の国営企業トップが辞任へ

南方澳漁港で崩落した橋(中央社資料写真)

南方澳漁港で崩落した橋(中央社資料写真)

 

<4位>

エバー航空CAがストライキ 欠航相次ぐ

エバー(長栄)航空の客室乗務員でつくる労働組合が6月20日にストライキを決行し、延べ2000人以上が参加しました。ストライキは17日間続き、計1439便が欠航、利用者27万8400人以上に影響が出ました。

関連:エバー航空CA労組、きょう午後4時からスト決行

関連:エバー航空、CA労組と団体協約 スト決行から17日目

ストライキの集会に参加するエバー航空の客室乗務員(中央社資料写真)

ストライキの集会に参加するエバー航空の客室乗務員(中央社資料写真)



 <5位>

フォルモサット7号打ち上げ成功 

 台米共同プロジェクトの気象衛星「福衛7号」(フォルモサット7号)が台湾時間6月25日、米フロリダ州のケネディ宇宙センターから打ち上げられました。台湾のテクノロジーが大きく一歩前進しただけでなく、台湾の宇宙航空分野での実力を世界に見せつけました。

関連:台湾の新しい気象衛星、打ち上げ成功 蔡総統「宇宙開発の一里塚」

フォルモサット7号(中央社資料写真)

フォルモサット7号(中央社資料写真)


Share on Facebook  Share on plurk  Share on twitter  Share by email  Share on LINE
Top