Menu 戻る
  • コラム

2019年の台湾をニュースで振り返る(2)1月から6月まで

2019/12/24 07:01

2019年の台湾はどんな1年だったのでしょうか。フォーカス台湾が2019年1月から12月までの1年間に配信した記事の中から、月間アクセス数が最も多かった記事を月別に紹介していきます。

<1月>

「ハンバーガーさえ一つの中国原則を遵守」外相がツイッターで皮肉

台湾マクドナルドが1月初めに公開した受験生応援のインターネットCMの中で、映し出された受験票の国籍欄に「台湾」と書かれていたことが中国で問題視されたのを受け、呉ショウ燮外交部長(外相)はツイッターで、「今はハンバーガーでさえ一つの中国原則を遵守しなければならないのか」と英語で反論しました。(ショウ=金へんにりっとう)

<2月>

ミスチル、台湾で海外初の単独公演 ファンの熱い声援に感動

ロックバンド、ミスターチルドレン(Mr.Children)が2月1日と2日の2日間、「Mr.Children Tour 2018-19 重力と呼吸」を台北市の台北アリーナで開催しました。初の台湾公演となっただけでなく、グループとして初めての海外単独公演となりました。

<3月>

Koki,が初台湾 母・工藤静香と共にファンから歓迎受ける

2月に続いて、3月も日本の芸能人の話題が1位に。俳優・木村拓哉さんと歌手・工藤静香さんの次女で、モデルのKoki,(コウキ)さんが、ジュエリーブランドのイベントに出席するため、初めて台湾を訪問しました。Koki,さんは工藤さんと共に台北松山空港に現れ、待っていたファンから熱い歓迎を受けました。

台北松山空港に到着し、駆けつけたメディアとファンに笑顔を見せるKoki,

台北松山空港に到着し、駆けつけたメディアとファンに笑顔を見せるKoki,



<4月>

花蓮で震度7 台湾全土で揺れ

4月18日、東部・花蓮県秀林郷を震源とするマグニチュード(M)6.1の地震が発生。花蓮県銅門で最大震度7(台湾基準)を観測しました。台湾全土で揺れ、17人がけがをしました。台北市内でもビル2棟が傾く被害が出ました。

花蓮でM6.1の地震発生後、傾いているのが見つかった台北市内のビル

花蓮でM6.1の地震発生後、傾いているのが見つかった台北市内のビル



<5月>

WHO総会、世界24カ国が台湾支持の発言

スイス・ジュネーブで開かれた世界保健機関(WHO)の第72回総会に関し、中華民国(台湾)と外交関係を結ぶ17カ国のうちバチカンを除いた16カ国に加え、近い理念を持つ日本や米国など8カ国の計24カ国が、開会4日目の24日まで会議の席や自国のテレビ放送などで台湾のWHO参加を直接的または間接的に支持する発言を行いました。

台湾は2009年から8年連続でWHO総会にオブザーバー参加していましたが、中国の圧力により17年以来招かれていません。

<6月>

リン・チーリン結婚 元カレのジェリー・イェン「おめでとう」

モデルで女優のリン・チーリン(林志玲)さんが人気グループ「EXILE」のAKIRAさんと結婚した話題に関連し、チーリンさんの元交際相手で、復縁が噂されていた俳優のジェリー・イェン(言承旭)さんがマネジャーを通じてコメントを発表しました。

資料写真(左:リン・チーリン、右:ジェリー・イェン)

資料写真(左:リン・チーリン、右:ジェリー・イェン)



7月から12月までの月間1位、年間1位は後編に続く。


Share on Facebook  Share on plurk  Share on twitter  Share by email  Share on LINE
Top