Menu 戻る
  • コラム

第53回金馬奨ノミネート紹介:主演男優賞

2016/11/04 18:38

中華圏の映画人にとって最高栄誉とされる映画賞「ゴールデン・ホース・アワード」(金馬奨)の第53回授賞式が11月26日に台北市内で開催される。世界各地の中国語および華人製作の映画を対象とし、23の賞を授与する。

今回の主演男優賞候補は香港からレオン・カーフェイ(梁家輝)、マイケル・ホイ(許冠文)、ジャッキー・チュン(張学友)の3人がノミネート。台湾からは大麻騒動からの本格復帰を果たしたクー・チェンドン(柯震東)が名を連ねた。中国大陸からはファン・ウェイ(范偉)がトロフィーを争う。

レオン・カーフェイ(資料写真)

レオン・カーフェイ(資料写真)

◯レオン・カーフェイ/寒戦2

レオン・カーフェイ(58)は香港警察内部の争いや汚職を描いた「コールド・ウォー 香港警察 二つの正義」の続編「寒戦2」で、警察長官の座を奪おうと黒幕に手を貸す前行動班副長官を熱演。

金馬奨は過去に主演男優賞で1回(1990年)、助演男優賞で1回(2007年)受賞。ノミネート回数は今回を含め8回に上る。

マイケル・ホイ(金馬実行委員会提供)

マイケル・ホイ(金馬実行委員会提供)

◯マイケル・ホイ/ゴッドスピード

マイケル・ホイ(74)はチョン・モンホン(鍾孟宏)監督の新作「ゴッドスピード」(一路順風)で、偶然知り合ったならず者の麻薬運び屋と珍道中を繰り広げるタクシー運転手を演じた。

ベテラン俳優のマイケルだが、これまで金馬奨とは縁遠く、受賞経験は無し。1987年に監督賞に初めてノミネートされて以来の入選となった。ゴッドスピードは今回最多の8部門に名を連ねており、マイケルは受賞の最有力候補とされている。

ジャッキー・チュン(華映提供)

ジャッキー・チュン(華映提供)

◯ジャッキー・チュン/暗色天堂

ジャッキー・チュン(55)は、名作舞台「法吻」をリメイクした「暗色天堂」で、互いに好意を抱いていた秘書との一度の激しいキスによって、セクシャルハラスメントで訴えられた総裁兼牧師に扮した。

1990年に金馬奨助演男優賞を受賞しているジャッキー。その後2回主演男優賞にノミネートされているが、いずれも受賞は逃している。

ファン・ウェイ(金馬国際映画祭公式Youtube「不成問題的問題」予告より)

ファン・ウェイ(金馬国際映画祭公式Youtube「不成問題的問題」予告より)

◯ファン・ウェイ/ミスター・ノー・プロブレム

ファン・ウェイ(54)は中国近代文学の名作家、老舎の短編小説をリメイクした「ミスター・ノー・プロブレム」(不成問題的問題)に主演。従業員と癒着し、農場を衰退させていく雇われ番頭を細やかに演じた。同作は第29回東京国際映画祭のコンペティション部門に選ばれている。

金馬奨へのノミネートは初。

クー・チェンドン(岸上影像・前景娯楽提供)

クー・チェンドン(岸上影像・前景娯楽提供)

◯クー・チェンドン/マンダレーへの道

クー・チェンドン(25)はミディ・ジー(趙德胤)監督の「マンダレーへの道」(再見瓦城)で、ミャンマーからタイに不法入国し、バンコク郊外の紡績工場で働くグオを好演。これまでの明るく活発な青年のイメージから一転、同作では俳優としての新境地を開いている。

チェンドンは2011年に金馬奨新人賞を受賞。主演男優賞へのノミネートは今回が初めて。

(名切千絵)


Share on Facebook  Share on plurk  Share on twitter  Share by email  Share on Google+  Share on LINE