Menu 戻る
  • ニュース検索: 半沢直樹

「半沢直樹」初回再放送、国旗消える=中華民国国旗出現で中国から不満/台湾

【芸能スポーツ】 2020/07/27 15:17
日本ドラマ「半沢直樹」第1シリーズ、台湾でも大人気=緯来電視台提供

日本ドラマ「半沢直樹」第1シリーズ、台湾でも大人気=緯来電視台提供

(台北中央社)日本で26日に再放送されたTBS日曜劇場「半沢直樹」の続編第1話で、世界地図が映し出される場面で本放送時には表示されていた各国・地域の旗が、再放送では消えていることが分かった。地図上で「台湾」の文字と中華民国国旗が並べて表示されており、中国のネットユーザーから不満の声が出ていた。台湾のネットユーザーは旗の表示が消えたことについて、物議を避けるためではないかとの見方を示している。

物議を醸したのは、堺雅人演じる主人公、半沢直樹が働くオフィスの壁面に設置された電光掲示板。世界23カ国・地域の株価騰落率を示す世界地図が表示され、国・地域の一つとして「台湾」の文字と中華民国国旗が複数回映し出された。

このシーンに対し、中国のネットユーザーから不満の声が噴出。「中国は少しも欠けてはならない」と怒りの声も上がった。これを受け、同ドラマを配信する中国の動画サービス「人人視頻」は、同ドラマの前シリーズと今作の配信を全て停止した。

26日午後にTBSで放送された「第一話完全プレイバック」では、電光掲示板の世界地図から全ての国・地域の旗の表示が消された。

2013年に放送された前シリーズは台湾でも大きな注目を浴び、高視聴率を記録。名台詞の「倍返し」を中国語に翻訳した「加倍奉還」は流行語にもなった。続編の正規放送は始まっていないものの、話題を集めている。

(葉冠吟/編集:名切千絵)


Share on Facebook  Share on plurk  Share on twitter  Share by email  Share on Google+  Share on LINE
Top