Menu 戻る
  • 観光

今年の訪台客、推計135万人 1980年以降で最低/台湾

2020/10/12 16:56
外国人に人気のリゾート地、屏東県・墾丁

外国人に人気のリゾート地、屏東県・墾丁

(台北中央社)新型コロナウイルスの感染拡大で国をまたいだ移動が大きく制限される中、交通部(交通省)観光局は12日、今年の訪台者数が約135万人にとどまるとの見通しを明らかにした。訪台者数が年間140万人を割り込むのは1980年(約139万人)以来。

昨年の訪台者数は約1186万人だった。

観光局の統計によれば、今年1月から8月までに台湾を訪れた旅行者は約129万人。このうち、約125万人が1月から3月までに訪台した。台湾は3月19日に外国人の入境を原則的に禁止する措置を開始した。この影響で4月は2559人にまで落ち込んだが、6月末に入境制限を緩和したのを受け、7月には1万1748人にまで回復した。

(余暁涵/編集:名切千絵)


Share on Facebook  Share on plurk  Share on twitter  Share by email  Share on LINE
Top