Menu 戻る
  • 観光

桃園市の鉄道地下化計画、行政院が承認 着工から7年で完了の見通し/台湾

2020/09/04 11:29
地下化区間の路線図=桃園市捷運工程局提供

地下化区間の路線図=桃園市捷運工程局提供

(桃園中央社)桃園市政府は2日、同市の鉄道地下化計画が行政院(内閣)から正式に承認されたと発表した。交通部(交通省)鉄道局によって詳細設計や土地の取得、仮線路の設置などが進められ、着工後7年で線路切り替えが完了する見通し。鄭文燦市長は同日、自身のフェイスブックに「桃園の交通は近々生まれ変わる」とつづって喜びを示した。

同計画は、桃園、中壢、空港周辺の市内主要エリアをつなぐ鉄道網を構築し、新北、台北両市まで1時間圏内とすることを目指す同市の都市構想の一環。新北市鶯歌区から桃園市平鎮区に至る全長17.95キロの区間を地下化して陸橋8カ所、地下道8カ所、踏切20カ所を撤去し、沿線には既存の桃園、内壢、中壢3駅のほか5駅を新設する。総工費は約1047億9300万台湾元(約3800億円)で、中央政府が75%、桃園市と新北市が25%を拠出する。

2015年に実行可能性調査が始まり、行政院の認可を受けて交通部鉄道局が2017年、総合計画に着手。交通部や国家発展委員会による審査や環境保護署による環境アセスメントなどを経て、5年かけて正式承認に至った。現段階では、着工の具体的な日程は未定。

同市捷運工程局の陳文德局長は、線路跡は幅25~40メートルの大通りに生まれ変わる予定になっているほか、桃園、中壢、内壢各駅に駅ビルを建設する方向で同市政府と台湾鉄路管理局が合意に達していると説明。早期の着工に期待を寄せた。

(葉臻/編集:塚越西穂)


Share on Facebook  Share on plurk  Share on twitter  Share by email  Share on LINE
Top