Menu 戻る
  • 観光

日台英の芸術家、木彫りの町でインスタレーションを公開制作/台湾

2020/08/22 12:23
英国人芸術家、マーティン・バラットさんの作品「無限曲線」=苗栗県政府提供

英国人芸術家、マーティン・バラットさんの作品「無限曲線」=苗栗県政府提供

(苗栗中央社)北部・苗栗県の三義木彫博物館で、台湾や日本、英国の芸術家6人が館内でインスタレーションアートを公開制作する国際木彫り芸術展が開催されている。

同展は今年初開催。日本からは吉田敦さん、阿部乳坊さん、台湾からは陳正忠さん、先住民アミ族のSapod KacawさんとIyo Kacawさん、英国からはマーティン・バラットさんが参加。「年輪」をテーマに、誕生や成長など人生に関わる4つのエリアを設け、屋内外に計65点を展示する。

同館では18日から、今年で13年目となる国際木彫りコンテストの入選作品を展示する作品展も始まった。今年は台湾や中国、フランス、インドネシアなど6カ国・地域から計129作品の応募があり、このうち書類審査を通過した約60点を展示する。選考結果は10月1日に開幕する「三義木彫り芸術フェスティバル」(三義木彫芸術節)のオープニングイベントで発表される予定。

展示はいずれも10月25日まで。

(管瑞平/編集:塚越西穂)


Share on Facebook  Share on plurk  Share on twitter  Share by email  Share on LINE
Top