Menu 戻る
  • 観光

七夕は林口駅の穴場で 桃園メトロ、カップルに来訪呼び掛け/台湾

2020/08/21 11:47
桃園メトロ空港線林口駅構内の撮影用パネル=同社のフェイスブックから

桃園メトロ空港線林口駅構内の撮影用パネル=同社のフェイスブックから

(桃園中央社)桃園メトロ(MRT)空港線の林口(A9)駅に18日、恋人の日(七夕情人節、チャイニーズ・バレンタイン)とされる旧暦7月7日(今年は8月25日)に合わせた撮影用パネルが設置された。劉坤億董事長(会長)は、当日の過ごし方を思案しているカップルに向け、「駅構内にロマンチックな穴場がある」とアピールし、来訪を呼び掛けている。

パネルが設置されたのは駅4階の連絡通路。ここからは、主要駅にのみ停車する直達車(急行)と普通車(各駅停車)が横並びになる瞬間を窓越しに捉えることができ、ベストショットが撮れる時刻も案内されている。設置は31日まで。期間中には、カップルや家族がこのスポットで記念撮影し、同社の公式フェイスブックに投稿すると、ICトークン(コイン型乗車券)で作ったお守りが当たるキャンペーンも実施される。

劉氏は、このほかにも、定価320台湾元(約1100円)の一日乗車券が、9月末までに利用開始するのを条件に実質的な半額となる特別割引を同月20日まで行っていると紹介。さまざまなイベントを通じて沿線プチ旅行を呼び掛け、商機につなげたいと意欲を示した。

(呉睿麒/編集:塚越西穂)


Share on Facebook  Share on plurk  Share on twitter  Share by email  Share on LINE
Top