Menu 戻る
  • 観光

出国体験フライト、今度は七夕に 中華航空とスターラックスが実施/台湾

2020/08/16 15:46
カップルにターゲットを絞り出国体験フライトを実施するスターラックス=同社提供

カップルにターゲットを絞り出国体験フライトを実施するスターラックス=同社提供

(台北中央社)「七夕情人節(恋人の日)」とされる旧暦7月7日(今年は8月25日)に合わせ、チャイナエアライン(中華航空)とスターラックス(星宇)航空は22日、出国体験フライトをそれぞれ実施する。専用機で空の旅を楽しむことができ、恋人の日を祝うカップルたちの参加が見込まれる。

新型コロナウイルスの影響で打撃を受けている航空業界。だが、出国気分が味わえるイベントを相次いで打ち出しており、好評を博している。

チャイナエアラインのフライトは午後3時15分から約2時間。桃園国際空港を出発した後、石垣島や台湾東部、南部の上空を飛行する。機内ではアフタヌーンティー、着陸後はホテルでのディナーが楽しめる。54組108人限定で、価格は1人7374台湾元(約2万7000円)から。

一方、スターラックスは午前発と午後発の2回。桃園空港を飛び立った後はフィリピン方面に南下し、南シナ海に浮かぶ東沙諸島で引き返す。8000~1万5000フィートで飛行し、乗客は空から地上の景色を堪能できるという。1人5520元(約2万円)から。

(余暁涵、汪淑芬/編集:楊千慧)


Share on Facebook  Share on plurk  Share on twitter  Share by email  Share on LINE
Top