Menu 戻る
  • 観光

巨大な雷雲とほうき星、同時に撮影 台湾最高峰・玉山で

2020/07/23 16:27
雷雲とほうき星を捉えた写真=李正紀さん提供

雷雲とほうき星を捉えた写真=李正紀さん提供

(台北中央社)中央気象局の鄭明典(ていめいてん)局長は22日、フェイスブックで巨大な雷雲「ストームセル」とほうき星を同時に捉えた写真を紹介した。台湾最高峰の玉山(標高3952メートル)の観測員が撮影したという。鄭氏は同様の観測条件は「おそらく2度とない」との見方を示している。

7月に入り、台湾では彗星(すいせい)が観測されていた。撮影した観測員の李正紀さんによれば、写真は21日に撮られたもの。この日は夜に強い雷雨があり、雷雲の稲妻を目当てに撮影に出掛けたところ、たまたまほうき星も写り込んだという。

(余暁涵/編集:楊千慧)


Share on Facebook  Share on plurk  Share on twitter  Share by email  Share on LINE
Top