Menu 戻る
  • 観光

淡海LRT藍海線、第1期区間が今年末開業へ/台湾

2020/07/20 16:41
淡海LRT藍海線、第1期区間が今年末開業へ

淡海LRT藍海線、第1期区間が今年末開業へ

(新北中央社)新北市北部の淡水区で整備が進む淡海ライトレール(軽軌、LRT)藍海線の第1期区間が今年末にも開業する見通しだ。新北市政府捷運局の李政安局長によれば、開業後は台北メトロ(MRT)淡水線紅樹林駅から、観光スポットの漁人碼頭(フィッシャーマンズワーフ)まで乗り換えなしで行けるようになる。

すでに開業している淡海LRT緑山線の浜海沙崙駅から枝分かれし、漁人碼頭まで続く路線。同線の区間には台湾海峡につながる公司田渓が流れており、これに掛けられた高架橋を渡る際には、車窓から台湾海峡を望むことができ、時間帯によっては夕日も見られるという。

李局長によると、6月中旬に安定性を調べるテストに合格。今後は営業運転に向けたシミュレーションや審査などの手続きが進められる。

(黄旭昇/編集:楊千慧)


Share on Facebook  Share on plurk  Share on twitter  Share by email  Share on LINE
Top