Menu 戻る
  • 観光

宜蘭の空に現れた虹色の光、ネットに驚きの声/台湾

2020/06/16 15:16
宜蘭の空に現れた虹色の光=陳碧琳さん提供

宜蘭の空に現れた虹色の光=陳碧琳さん提供

(宜蘭中央社)北東部・宜蘭県で14日午後、虹色の光が上空に現れた。同県にある蘭陽博物館の陳碧琳館長がこれを捉えた写真をフェイスブックに投稿し、「宜蘭の皆さん、早く外に出て見てみましょう」と呼び掛けると、その美しさに驚きの声が寄せられた。

新竹気象台の湯舜然主任によれば、環水平アークと呼ばれる現象で、大気中の氷晶に太陽光が屈折して起こる。地上から6000メートル以上離れた地点で、上空の氷晶が十分な量の場合にのみ起こる珍しい現象。比較的夏に発生しやすいという。

(王朝ギョク/編集:楊千慧)


Share on Facebook  Share on plurk  Share on twitter  Share by email  Share on LINE
Top