Menu 戻る
  • 観光

日本統治時代のSL、修繕終わる 南部・台南で公開/台湾

2020/04/23 14:24
修繕作業が終わり台南市内の体育公園で一般公開されている日本統治時代の蒸気機関車

修繕作業が終わり台南市内の体育公園で一般公開されている日本統治時代の蒸気機関車

(台南中央社)南部・台南市は22日、市内に残されていた日本統治時代の蒸気機関車2両の修繕が完了したと発表した。黄偉哲市長は、新型コロナウイルスが猛威を振るう中、古い機関車の復活という新たな歴史の1ページに立ち会えたのは非常に喜ばしいことだと語った。2両は市内の体育公園で一般公開されている。

修繕されたのは、旧台湾総督府鉄道「C551」と「D512」で、それぞれ1935(昭和10)年、1940(同15)年に投入された。戦後は台湾鉄路管理局に引き渡され、引き続き旅客・貨物輸送の主力を担った。引退後の1983年に台南市政府に寄贈され体育公園に置かれていたが、雨風から車体を守る囲いが取り付けられていたのみで、解説板なども設置されていなかった。市は2両を2015年、有形文化財(古物)に登録。2018年には日本統治時代のプラットホームを模した台の設置など周辺環境が整備され、昨年には2両の修繕計画が始動した。

C551は戦後、「CT251」に改称されたが、車体には「CT259」の号車札が掛けられており、今回の修繕では専門家の判断を経て「CT251」の号車札が改めて設置された。修繕作業の過程でD512の車体には弾痕が複数発見された。第2次世界大戦末期、米軍の空襲によってできたものとみられるという。

展示されている2両の周囲には柵などは設けられていない。黄市長は近距離で撮影したり、触ったりできると来訪を呼び掛けた。

(楊思瑞/編集:楊千慧)


Share on Facebook  Share on plurk  Share on twitter  Share by email  Share on LINE
Top