Menu 戻る
  • 観光

前線が影響、広い範囲で曇りや雨 北台湾は気温上がらず/台湾

2020/04/23 13:09
前線が影響、広い範囲で曇りや雨 北台湾は気温上がらず=資料写真

前線が影響、広い範囲で曇りや雨 北台湾は気温上がらず=資料写真

(台北中央社)中央気象局によると、23日の台湾は前線の影響で広い範囲で曇りや一時雨となる見通し。中部や南部で雷を伴う所があるほか、北部や北東部では局地的に大雨となる恐れもあるという。北台湾では一日を通してあまり気温は上がらず、夜間には肌寒さを感じることもあるため、気象局は衣類で温度調節するよう呼び掛けている。

台湾本島の予想最高気温は北部や北東部、東部・花蓮で19~23度、中部や南部で25~30度。夜から24日早朝にかけての最低気温は北部や北東部で15~17度、中部や南部、東部で19~22度となる見込み。

(編集:塚越西穂)


Share on Facebook  Share on plurk  Share on twitter  Share by email  Share on LINE
Top